おすすめ肌色ムラカバー対策

  1. トップページ
  2. おすすめ肌色ムラカバー対策
肌質「乾燥敏感肌」 40代・女性

色ムラをメイクで隠そうとすると、ついつい厚塗りになってしまいます。ナチュラルメイクをしたいので、下地、特にコントロールカラーを使い分けて色ムラを改善するように心掛けています。頬のシミやそばかすが気になる部分にはイプサのコントロールベイスのイエローがお気に入り。くまがひどい時には、オレンジ系のコントロールカラーを使用しています。

肌質「混合肌」 40代・女性

混合肌なので、頬がカサカサ、おでこはツヤツヤなので、化粧下地を、オイルを加えたものを頬に塗ってます。その他はそのまま使います。肌の質感も良くなるように、気に入って使っているのは、韓国コスメなのですが、ネイチャーリパブリックのカタツムリエキス入りのBBクリームです。乾燥肌の荒れた肌を改善してくれるので気に入ってます。

肌質「乾燥とオイリーの混合肌」 41歳・女性

ファンデーションの下地でナチュラグラッセのベース「カラーコントロールピュレ」のパープルを愛用しています。気になる赤味のムラがカバーされて、ファンでのノリも良くしてくれるので気に入っています。また、素肌っぽいメイクにしたい時でパウダーのミネラルファンデを使用する時は、ベースにシルクパウダーを使用すると、肌のトーンが均一になってミネラルファンデも均一な仕上がりになるので愛用しています。

肌質「やや乾燥肌」 30代・女性

BBクリームをしっかり塗っています。厚塗りになっている気もするのですが他に対策がうまくできず、仕方なくそうしている状態です。何かいい商品があればなぁとは前々から思っていますがなかなか自分に合うものが見つかっていない状況です。

肌質「乾燥肌」 30代・女性

最近のファンデーションはとても優秀で、ひと塗りで綺麗に肌をコントロールしてくれます。しかしそれでも目の下のクマやほうれいせんは、先にコンシーラーなどを使って整えたあとに、ファンデーションで色ムラをカバーしています。

肌質「やや乾燥敏感肌」 30代後半・女性

下地やファンデーションを色々重ねて厚塗りすると、余計に老けてみえてしまいます。なので、多少の色ムラは透けていても、肌の色調を少し整えて明るく見せる程度の薄づきの下地とパウダーのみを使用しています。目立つシミの部分にのみ、練り状のコンシーラーを筆でチョンチョンとつけてカバーしています。オススメは、ジュジュのコンシーラーです。

肌質「混合肌」 36歳・女性

あまり厚塗りするのが好きではないので、普段からBBクリームを使用しています。BBクリームだと自然にカバーしてくれるのでもう何年もいろいろなものを使ってみていますが、最近はマキアレイベルのBBクリームが自然に色ムラやシミをカバーして肌が綺麗に見えるので気に入っています。

肌質「混合肌(Tゾーンはオイリー肌、それ以外は乾燥肌)」 30歳・女性

朝の洗顔後、顔のマッサージをして血行を良くしています。また、mediaのクリームファンデーションは、油分が多めで伸びも良かったので、これだけでもあまり厚塗りになりすぎず色ムラをカバーできました。プリマヴィスタの皮脂くずれ防止化粧下地を塗れば、Tゾーンのテカリもそれほど気になりませんでした。

肌質「混合肌」 40代・女性

普段の色むら対策は目立つシミにはコンシーラを使い目立たなくしてチークを広めに塗るようにしています。その上からフェイスパウダーで顔色をワントーンあげて目立たなくしています。使いやすく効果も高いチークはSUGAOスフレ感チーク&リップです。フェイスパウダーはカネボウフェースアップパウダーがとても良いです。

肌質「乾燥肌」 27歳・女性

色ムラを隠そうとするとどうしても厚塗りになるので、素肌っぽく見せるためにファンデーションは薄く塗ります。色付きの下地を使い色ムラをカバーし、気になるところはコンシーラーで隠しています。キャンメイクの下地が値段の割に使えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加